秘密



レイア「最近シエル姉ちゃんの秘密が暴かれてみんなびっくりしてまつね」

マーヤ「中と外で全然違うんだもん」

シエル「それだけみんなの事好きって事で」

クレア「ついでに食べ物もね」

レイア「クレア姉ちゃんに言われたきゃないでつよね」


スポンサーサイト

怪獣?



レイア「ここでも怪獣機がお家壊してるでつよ」

マーヤ「怪獣機じゃないよ重機だよ」

シエル「でも壊してる姿は怪獣だよね」

レイア「シエル姉ちゃんに言われたきゃないでつよね」

シエル「何で?」

クレア「シエルが家の中で暴れてる姿はまさに怪獣だよ」

敵わない



レイア「あなた達私達より鼻長いでつね」



マーヤ「ボルゾイの兄弟ちゃんだ」

シエル「どれどれ鼻どっちが長い?」



クレア「流石のシエルも敵わないな。まして短足胴長の誰かなんて」

レイア「誰のことでつか」


どうした?



レイア「姉ちゃん達何くっついてるでつか?」

マーヤ「シエルどうした」

クレア「こらこら、くすぐったいだろ」

シエル「姉ちゃん、耳くっさーい」


心霊写真!?



レイア「今日もいい天気でつね」

シエル「暑くなるかな」

マーヤ「あれ!クレアどうしたの?」

クレア「心霊写真、肩に顔が!お判りいただけただろうか?なんてね」

レイア「お判りいただくも何も幽霊の方が顔デカイってないでつよ」

準備は?



レイア「老人施設の建物完成しそうでつね」

マーヤ「ちょっと来なかった内に随分出来たね」

シエル「後は入居者の人を待つだけだ」

クレア「父ちゃん準備はいいかい?」

レイア「その言葉そのまま姉ちゃんにお返しでつよね」



教訓



レイア「台風後なのにゴミが散らかってないでつね」

マーヤ「地域の人達が掃除してくれてるんだよね」

シエル「じゃあ汚さないように歩かないと」

クレア「掃除だとか言って地域ニャンコちゃんのご飯食べちゃダメだよ」

レイア「これはシエル姉ちゃんへの教訓でつね」


バレバレ



レイア「夜中の雨風凄かったでつね」

マーヤ「全然気付かかった」

シエル「姉ちゃん度胸あるね」

クレア「お前達怯え過ぎだよ」

レイア「あの位何でもないでつよ」

クレア「じゃあさっきから何回もウンチ行くのは何で?」

マーヤ「怖かったんだね」

クレア「強がり言ってもバレバレだな」


残念なのは



レイア「今日から秋祭りでつよ」

マーヤ「明日はお神輿出るよ」

シエル「でも台風が近づいてる」

クレア「じゃあ中止かもね、残念」

レイア「姉ちゃんの残念なのはお神輿じゃなくて屋台でつよね」


活動



レイア「ビッケちゃんツリーでつね」

マーヤ「今日は誰もいないね」

シエル「いたら困るよ」

クレア「また連れて帰ればいいだけでしょ」

レイア「姉ちゃんいつから保護ニャンコ活動に熱心になったでつか」

オヤツは?



レイア「父ちゃん昨日はそんなに遅くなかったでつね」

マーヤ「でも送別会でしっかり食べてきたらしい」

シエル「会費は取られてるらしいよ」

クレア「会費でお金なくなったからオヤツなしなんて事には」

レイア「ならないでつよね?」

マーヤ「大丈夫でしょ?」

シエル「どうよ?」

父ちゃん「....」

送別会



レイア「今週は父ちゃん遅い日多いでつね」

マーヤ「送別会が続いてるんだって」

シエル「送別会て何?」

マーヤ「転勤する人を送る会だよ」

クレア「送別会て言うのは口実で、美味しい物食べるのが父ちゃんの狙いさ」

レイア「知らない人の送別会出てたりして」

父ちゃん「お前まで言うか」



誰も思わない



レイア「週の始まりは揃ってご挨拶でつよ」

マーヤ「いつもの事でしょ」

シエル「それでは歩いてる時とダブル整列で」



クレア「普段からずっとこうだと思われても困るな」

レイア「大丈夫でつよ、誰も姉ちゃんがいつもこうだと思わないでつから」


4人組



レイア「遂にステージデビューでつ」

マーヤ「お客さん一人もいないよ」

シエル「4人組だとカルテットってやつ?」

クレア「フォーリーブスでしょ」

父ちゃん「お前なんでそんなの知ってる?」


秘技



レイア「これじゃ顔見えないでつよ」

マーヤ「位置が悪かったね」

シエル「私はこっち向けば見えるね」

クレア「秘技顔隠しの術!なんてね」

レイア「顔デカイ姉ちゃんにしか出来ない術でつね」

油断



レイア「昨日の投稿は?」

マーヤ「父ちゃん忘れちゃった?」

父ちゃん「昨日お休みだったから、午後の散歩でイイやと思ってたら忘れちゃった」

シエル「休みだと思ってたら油断したんだね」

クレア「油断なんてカッコよくないよ、ボケだよ」


雨にゃりか



みんにゃ散歩行かにゃいと思ったら、やっぱり雨にゃりか。

9月ににゃっても雨多いのかにゃあ。

建設ラッシュ



レイア「駐車場誰もいなくなったでつね」

マーヤ「先月いっぱいで閉鎖だったんだ」

シエル「これからマンション建設が始まるんだね」

クレア「オリンピックに向けて建設ラッシュなのさ」

レイア「誰の受け売りか知りませんが、オリンピック会場は全然離れてまつよね」


決まった!



レイア「おお!決まったでつ」

マーヤ「カッコよく見えるかな」

シエル「下から写した方がイイね」

クレア「でもこれだと遠近法でシエルがデカくなっちゃうよ」

レイア「姉ちゃんの顔のデカさ隠すのにはイイじゃないでつか」

宇宙人



レイア「さっきボール落ちてたでつよ」

マーヤ「あれボールじゃないよキノコだよ」



シエル「宇宙人の頭蓋骨だと思った」

クレア「だったら大発見だよ」

レイア「食べられるでつか?」

父ちゃん「ダメでしょ。食べたらお腹痛くなるか」

クレア「か?」

父ちゃん「愉快になる」

ヒーヒー



マーヤ「レイアシャンプーどうだった」

レイア「マーヤ姉ちゃん見にも来てくれなかったじゃないでつか」

シエル「私行ったでしょ」

レイア「でも見てるだけでつたよ」

クレア「ヒーヒー言って何事かと」

レイア「面白がってただけでつね」

クレア「ホントの面白いんだもの」

マーヤ「とか言ってるクレアは本当に心配してたよ」

シエル「あれ?クレア姉ちゃん照れてる」

クレア「違うよ」

レイア「可愛いとこあるじゃないでつか」



心配



レイアシャンプー中。

心配したお姉様方が。

でも決して助けようとはしません。

決まってる




レイア「何でこんな並びに?」

マーヤ「座る時クルッと回って」

シエル「先座ったのどっち?」

クレア「こっちだよ」

レイア「座る寝る休むはクレア姉ちゃんからに決まってるじゃないでつか」

クレア「褒めてんの?」


 | ホーム | 

プロフィール

rutao0308

Author:rutao0308
登場ワンコ
ラブ シェルティ享年13歳♀(2014/1/2永眠)
ルーク コリー 11歳♂
マーヤ コリー 7歳♀
クレア コリー 6歳♀
シエル コリー 5歳♀
レイア コリー 2歳♀

最新記事

訪問ありがとうございます

貴方は
番目の訪問者です

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1642位
アクセスランキングを見る>>