気温差



レイア「今朝は風が強いでつね」

マーヤ「昨日はあんなに暖かかったのに、一気に寒くなったね」

シエル「これだけ気温差あると、身体おかしくなるって父ちゃん言ってた」

クレア「何!身体がお菓子になるって」

レイア「クレア姉ちゃんは別のところがおかしいみたいでつね」


スポンサーサイト

一大事



レイア「あれ!お野菜が」

マーヤ「無くなってる」

シエル「どうしたの」

クレア「これは一大事じゃない」



レイア「こっちも」

父ちゃん「今月で契約終わりみたいだよ」

クレア「もう作らないの」

父ちゃん「春から新しい人が作り始めるよ」

クレア「良かった」

レイア「姉ちゃん食べ物の事だと随分熱心になるんでつね」


自動で



レイア「今日は日曜日でつから学生さんたちもお休みでつね」

マーヤ「ここは小学校だから学生さんとは呼ばないでしょ」

レイア「何て呼ぶでつか」

シエル「児童さん?」

マーヤ「何か変」

クレア「小学校入学したら自動で児童と呼ばれるのさ」

レイア「もしかしてここは笑うところでつか」

金縛りの術



クレア「あれ?起き上がれない。腰が抜けちゃった。父ちゃん助けて」

レイア「金縛の術にゃり」

マーヤ「ビッケちゃんに教わったの?」

レイア「リエルちゃんにでつ」

シエル「リエルちゃんが父ちゃんの膝に乗って動けなくするのと一緒だね」


過去ログ参照2



レイア「赤いクルマいなくなって随分たちまつね」

マーヤ「お引越ししちゃったのかな」

シエル「父ちゃん次のネタ探すって言ってたけど」

父ちゃん「今週いいネタが見つかったじゃないの」

マーヤ「まさか?」

レイア「あれでつか」

シエル「ニャンコの大群!」

クレア「だから大群なんていないって。ログ見てよ」


過去ログ参照



レイア「今朝はここでニャンコちゃんの大群を偵察でつよ」

シエル「ホントに大群だったの?」

マーヤ「クレアはああ見えて感覚鋭いからね。おやつくれるおばちゃんとか直ぐ見つけるから」

クレア「だから大群なんて言ってないって」

シエル「誰が言ったの」

クレア「姉ちゃんでしょ」

レイア「そうやって直ぐに姉ちゃんのマーヤ姉ちゃんのせいにするでつね」

クレア「ログ見てよ~」


逃げるが



レイア「姉ちゃん何見てるでつか?」

クレア「あっちから」

シエル「あっちから?」

マーヤ「まさかニャンコちゃんの大群?」

レイア「逃げるでつか」

クレア「いい匂いが、でもニャンコの大群て何?何で逃げるの」


いつもの事



レイア「この寒さじゃあ桜さんも寒そうでつね」

マーヤ「満開までまだ3ヶ月あるからね」

シエル「まだまだ寒さは続きそうだし」

クレア「やっぱり寒い時は寝て過ごすに尽きるという事かな」

レイア「あれ、姉ちゃん暑い時も同じ事言ってまつたよ」

マーヤ「結局クレアはいつも寝てるだな」


アイドル



レイア「遂にわたちたちもアイドルでつかね」

クレア「何で?」

レイア「47」

マーヤ「あれは48でしょ」

クレア「じゃあ隣へ移動しよう」

レイア「移ればアイドルでつか?」

シエル「だって48でしょ」

レイア「でも...」

マーヤ「隣は46」

一同「....」


センス



レイア「何だかきまってまつね」

マーヤ「滑り台のせいか?」

シエル「分かった!滑り台の角度と私達の鼻の角度が一緒だ!」

クレア「父ちゃん狙ってたの?」

父ちゃん「偶然」

クレア「だよね、そんなセンス無いもん」



仲のよろしい事で



クレア「レイアお前何かいい匂いがするけど」

レイア「何でもないでつよ」

クレア「嘘つけ!何か美味いもの食べたな。ホラホラ口開けてみせて」



レイア「マーヤ姉ちゃんたつけて」

マーヤ「クレア何やってるの」

シエル「仲のよろしい事で」


負けにゃい



今朝はわたちのアップにゃり。

みんなに歳がバレにゃったみたいにゃりが、まだまだみんにゃには負けにゃいにゃりよ。

え?今朝のお散歩?

父ちゃんが写真撮り忘れたにゃりね。

またクレアちゃんにボロクソ言われるにゃ。

インフルエンザ



レイア「インフルエンザとかいうのが流行ってるらしいでつね」

シエル「それなに?歌?踊り?」

マーヤ「病気だよ。熱が出て苦しいみたいだね」

レイア「父ちゃんは?」

父ちゃん「今のところ大丈夫だよ」

クレア「やっぱり、毎朝私達が散歩に連れて行ってるのがいいんだな」

レイア「休憩とか言って動かない誰かさんを引っ張るので筋肉も付きまつからね」


バテたら



レイア「でっかいクルマでつね」

マーヤ「これはクレーン車だね」

シエル「この腕みたいなので物を吊って運ぶのかな」

クレア「随分パワーがありそうだけど」

レイア「今度散歩中姉ちゃんバテたら運んでもらえばいいでつね」


滑って転んで



レイア「今朝は昨日より寒いでつよ」

マーヤ「雪積もってる所も多いみたいだね」

シエル「父ちゃん寒いのはいいから雪だけは積もるな、って言ってるね」

父ちゃん「通勤が大変だからね」

クレア「滑って転んで雪まみれ」

レイア「前積もった時脚4本とも滑って慌ててたの誰でつたっけ」

マーヤ「あの時の慌てようと言ったら」

シエル「父ちゃんの事言えないよね」


謙虚



レイア「今朝は寒いでつね。日曜日なのに誰もいないでつよ」

マーヤ「外に干した雑巾が凍ってたって」

シエル「まさか私達の足拭き用?」

クレア「父ちゃんまさか凍った雑巾で足拭くんじゃないよね」

父ちゃん「その前に水で洗うでしょ」

クレア「出来ればお湯で。ささやかな贅沢を」

レイア「姉ちゃんこう言う事にはいつも謙虚でつね」

その頃




ふむふむ、今日はお外は寒そうにゃりね。




あ!見つかったにゃり。







ボッタクリ



レイア「父ちゃん時々寿司食べたいって言ってまつね」

マーヤ「お寿司は美味しいらしいからね」

シエル「でもワンコは食べちゃだめなんでしょ」

クレア「この前テレビで観た寿司屋は、カウンターの向こうおじさんが握ったのが出てきてたよ」

父ちゃん「それは寿司屋じゃないね」

レイア「何ででつか?」

父ちゃん「お皿に乗って周りながら出てくるのがホントの寿司屋、お皿1枚100円ね」

クレア「テレビのは」

父ちゃん「偽物、ボッタクリの店かな」

マーヤ「そうなんだ」


ウサギさん



レイア「今朝のお月さん大っきいでつよ」

マーヤ「それに明るい」

シエル「ちょうど見頃だね。お餅突いてるウサギさんもよく見えるよ」

クレア「ウサギさん?てまさかこの前の銅像の」

レイア「な訳ないじゃないでつか」



誰の話?



マーヤ「みんな昨日の話ショックだった?」

レイア「何だかリエルちゃんじゃなくて姉ちゃんによそよそしくなっちゃったでつよ」

シエル「別に今まで通り接すればいいでしょ」

クレア「昨日姉ちゃんて読んでも分からなかったみたいだよ」

マーヤ「本人気にしてないなら敢えて姉ちゃん扱いしなくてもイイかな」

シエル「そうだよ」

レイア「じゃあ今まで通りリエルちゃんで」

クレア「でももう歳なんだから気を使わなきゃダメだね。散歩の時こまめに休憩したり、ユックリ歩いてあげたり」

レイア「要するに姉ちゃんに対するのと同じようにすればいいでつね」

マーヤ「何だか誰の話か分からなくなったよ」


衝撃の事実



マーヤ「みんな、最近父ちゃんに言われたんだけど」

レイア「なんでつか?」

マーヤ「リエルちゃんもしかしたら私より年上かも」

シエル「えー!そうなの」

クレア「あんなにちっちゃいのに」

レイア「そりゃあニャンコちゃんだからでつよ」

シエル「じゃあリエル姉ちゃんだ」

レイア「でもビッケちゃんの方が威張ってまつよ」

クレア「ニャンコにはニャンコの掟があるのさ」

マーヤ「でも歳上に見えないよね」

レイア「いつも寝てばっかりの誰かさんより全然元気でつものね」



レイア「ウサギさんそんな所でじっとして、寒くないでつか?」

マーヤ「これは生きてるウサギさんじゃないよ、銅像だよ」

シエル「そう言えばずっとここに居るね」

クレア「この緑道の主みたいなものだな」

レイア「姉ちゃんはいつもリビングでじっとしてて、リビングの主でつね」



夜明け



マーヤ「後ろに見えるは?」

レイア「日の出でつね」

シエル「昨日はお月さまだったよね」

クレア「今まさに夜明けの瞬間なのさ」

レイア「散歩行かなかったら姉ちゃんの夜明けの瞬間はお昼前ぐらいでつね」




絶好調それとも..



マーヤ「後ろに見えるは?」

レイア「お月さんでつね」

シエル「もう6時過ぎてるのにまだ薄暗いよ」

クレア「まるで父ちゃんのお腹だね」

父ちゃん「何で?」

クレア「腹黒い」

レイア「今年も姉ちゃんのオヤジギャグは絶好調でつね」

マーヤ「いや絶不調でしょ」

シエル「そっちか」


返上



レイア「今日から通常営業でつか」

マーヤ「父ちゃん今日もお休みだって」

シエル「明日から仕事?」

父ちゃん「そうだよ」

クレア「仕事中もどうせボーっとして窓の外眺めてるだけなんだから一緒だね」

レイア「ビッケちゃんそっくりでつね」

マーヤ「クレアそっくりさん返上だね」





年始から



レイア「何で今日の投稿は夜の部でつか?」

マーヤ「父ちゃん朝の散歩で携帯忘れてたって」

シエル「父ちゃん年初めからそんなで大丈夫?」

クレア「年中そんなだから別に気にしてないでしょ」

父ちゃん「そうかな」

レイア「少しは気にしてくださいでつよ」


悟り



レイア「やっと初詣できまつたね」

マーヤ「昨日は凄い人だったね」

シエル「いつもは誰もいないのにね」

クレア「2日でもう誰もいないとは」

ビッケ「初詣は単なるイベントにゃりね」

レイア「ビッケちゃん悟ってるでつね、流石毎日窓の外眺めてるだけの事はありまつね」

クレア「仕事中の父ちゃんみたいだな」


出発!



あけましておめでとうございますでつ。

散歩始めはみんな赤いリードとハーネスあとビッケ号もで出発でつ。

いつも変わり映えしない写真でつが、今年もよろしくお願いしますでつ。


 | ホーム | 

プロフィール

rutao0308

Author:rutao0308
登場ワンコ
ラブ シェルティ享年13歳♀(2014/1/2永眠)
ルーク コリー 11歳♂
マーヤ コリー 7歳♀
クレア コリー 6歳♀
シエル コリー 5歳♀
レイア コリー 2歳♀

最新記事

訪問ありがとうございます

貴方は
番目の訪問者です

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
1735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

921位
アクセスランキングを見る>>