いい事したかも...

今日は午前中、ルークの定期血液検査のため動物病院へ。



しかし、朝食を食べさせてしまっていたため午前中の検査は数値に影響ありとの事で検査は午後に持越し、帰途につきました。
帰り道で事件は発生。
緑道をルーク号を押しルークは歩かせていると、前から歩いてきたおじさんが石につまずいて顔面から転倒。鈍い音がしたのでヤバイと思いかけよりました。
おじさんの意識ははっきりしていましたが左瞼上が切れて出血。すぐルークのウンチ取り用トイレットペーパーを渡しました。
「大丈夫ですか?」と尋ねると「大丈夫です」との応え。
おじさんは転んで怪我した事より、石につまずいた事にショックを受けた様子で「俺ももう85だからね」と。
ご家族は?と聞くと一人暮らしなんですと。
起き上がるのを手伝うと、このまま医者に行くとの事。
もう大丈夫、色々ありがとうと礼を言われ別れました。
その間ルークは横で大人しく待っていて、おじさんの傷口を舐めそうになってました。後から考えればあのおじさんとルークは人間換算で同じ歳位ですね。

夕方再び動物病院へ。



数値に大きな変化なく一安心。

検査の結果を待っていると、隣に座っていた方が「コリーを沢山飼っている方ですよね?」
以前、ゴールデンレトリバーを飼っていたが亡くしてしまい、その子が忘れられないという話をした方でした。
その時ペットロスには次の子を迎えるのが一番の治療法ですよ、という話をしたところ、前の子が仔犬の時は昼間自分が家にいたが、今はいないので仔犬を迎ええるのは無理ですと。
そこで里親募集の成犬だとお留守番出来る子もいるので、そういう子を探してみたら如何ですか?と言って別れました。

「実はあの時のお話で勇気付られ迷いが吹っ切れ、引越しで飼えなくなったゴールデンの成犬を迎えたんです」

「えー~ーーー!」

私の何の事ないお話でこんな事になろうとは。

「病院にも行ってたんですが、その子を迎えた後先生がもう大丈夫だね、と言って下さいました」

もしかして運命変えちゃったのかな?
よくよく考えたらそのゴールデンはシエルと同じ道を辿っていますね。

ご家族とゴールデンちゃんにご多幸あれ。
スポンサーサイト

 | ホーム | 

プロフィール

rutao0308

Author:rutao0308
登場ワンコ
ラブ シェルティ享年13歳♀(2014/1/2永眠)
ルーク コリー 11歳♂
マーヤ コリー 7歳♀
クレア コリー 6歳♀
シエル コリー 5歳♀
レイア コリー 2歳♀

最新記事

訪問ありがとうございます

貴方は
番目の訪問者です

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1642位
アクセスランキングを見る>>