名犬ラッシー第2シーズン:愛しきジョー

ジェフとポーキーが釣りをしていると、釣った魚が次々と消えてしまった。
あたりを探すと茂みの中から謎の怪物が顔を出した。家に逃げ帰り祖父のジョージと共に再び探しに来ると今度はその怪物が家の中に現れた。さて怪物の正体とは.....。

怪物とはアザラシの事なのですが、このアザラシがラッシー顔負けの演技を見せます。
スポンサーサイト

名犬ラッシー第2シーズン:憧れのフィドル

母エレンに言われバイオリンを始めたジェフだったがどうしても好きになれない。
そこでバイオリンを弾くとラッシーに遠吠えをさせる様仕込んで、バイオリンはラッシーに苦痛を与えていると訴える。習っていた先生にも愛想を尽かされジェフはどんどんバイオリンが嫌いになっていく。
それを見たジョージは古い友達を連れてくる。

音楽の楽しさ素晴らしさがテーマとなっている回です。しかし日本でバイオリンを習っている家庭なんて、ましてあの時代に何程あったのでしょうか。

名犬ラッシー第2シーズン:みんなの教室

新学期が始まりジェフの学校に新しい先生がやって来た。
若くて美人の先生にジェフは花をプレゼントする。
ところが彼女は新しいルールを決め、それまで許されていた教室に犬を入れる事を禁じてしまう。
そして...。

新しいルールと古いルール、世代交代が今回のテーマ。いつの時代にも共通のテーマです。
生徒のみんなが犬をノーリードで連れて来て、そのまま教室に入れて一緒に授業を受けるというのは、日本では考えられない事ですね。

名犬ラッシー第2シーズン:ドッグショーの商品

ポーキーは賞品目当てでドッグショーに応募する。
賞品は山分けすることにし、ラッシーに訓練をして準備するジェフとポーキー。
ドッグショー当日、入場料が払えずテントの外をうろついているポーキーの前にテントの中からバセットハウンドが現れた。

犬を飼うという事は忍耐が必要で、単に好きだというだけでは済まされないという事がテーマとなっています。
見所はドッグショーで、あの時代にプードルカットのスタンダードプードル、ドーベルマン、グレートデン等が出てきて驚かされます。シェルティも出てきました。

名犬ラッシー第2シーズン:猫の親子

ラッシーが生まれたばかりの子猫達を見つけてきた。しかし育てる母猫がいなければ子猫は生きていけない。
飢え死させるより安楽死を選ぼうとするジョージ。なんとか助けたいジェフは朝まで待ってと頼み込む。
さて子猫の運命は...。

1950年代既に安楽死の問題を扱っているところが流石アメリカですね。エンディングは誰でも想像するであろうエンディングでした。

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

rutao0308

Author:rutao0308
登場ワンコ
ラブ シェルティ享年13歳♀(2014/1/2永眠)
ルーク コリー 11歳♂
マーヤ コリー 7歳♀
クレア コリー 6歳♀
シエル コリー 5歳♀
レイア コリー 2歳♀

最新記事

訪問ありがとうございます

貴方は
番目の訪問者です

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1642位
アクセスランキングを見る>>